anime160.gif
                                       


既 得 権

 25年ほど前の話である。私が県に就職し、土木関係の公務員をしていたときである。出先の事務所にいて工事の設計と現場監督の仕事をしていた。地元の業者に工事を発注していたのである。そんな地元業者の中に、G建設会社というのがあって、社員は社長と奥さんだけで、その社長は工事入札の時と工事の完成検査の時にしか顔をみない。実際に工事をやっているのは、他の下請け業者であった。つまり受注した工事をすべて丸投げしていたのである。そんG建設会社の社長は、外車に乗って身なりもかなり高価なものを付けていた。就職当時の私の給料はそんなに高くなく、既得権を持っている人は、一度その権利を取得してしまうと楽をしてお金を儲け続ける事ができるのだと半ばうらやましく思っていた。(ちなみに現在は、昔のような丸投げは制度上出来ないようになっている。)
 テレビや新聞でも国を変えるのは、既得権を打破し、新しい制度に変えていくことが重要であるといわれている。既得権を廃止しようとすると、その既得権を持った人たちは今までの自分の生活を守ろうとして必死になってその既得権を維持しようと抵抗する。その抵抗が大きければ大きいほど、その既得権は楽をして多くの金を得ている気がする。
 「既得権を持った人たちは本当にうらやましい。得られるものならば自分も欲しい。」と思い続けていた。自分は既得権を持っていないものだと思っていた。全く縁の無いものだと思っていた。しかし、4年前に公務員を退職し、今思い返すと「仕事は自分の既得権だったのだ。」と思えるのである。一度就職してしまえば、法律に触れるような犯罪を犯さない限り首になることはない。私よりも優秀で仕事が出来る人が、私と取って代わって公務員の仕事をやりたいと言ってもそれは不可能である。仕事を一生懸命やろうが、いい加減にしようが給料はほとんどかわらない。毎月、振り込まれるのである。
 仕事は既得権。そんなように考えていくと、人間の生活はすべて既得権で成り立っているようである。例えば家庭の中で考えみると、ほとんどの男性は料理をしない。食事時には食卓に座るだけで料理が出てくる。これも既得権ではないだろうか?しかもこの既得権は一生保証される。料理や後片付けをしなくとも一生食べられるのだ。
 現代の生活は既得権で成り立ち、その既得権があるから安全で安心な生活を送ることができる、大事な一面もある。しかし、新しいことを始めたり、生活を変えようとすると既得権を捨てない限り、それはとても困難なのである。
 私は仕事という既得権を捨てたことにより、自然豊かな屋久島に住むことが出来、借金をしないで広い土地と家を買い、田舎生活を得た。前は都会生活から逃げ出すように山に登っていたが、屋久島へ来てからはすっかり登山への熱は冷め、自分の趣味に没頭する日々を送っている。45歳にして仕事を止めるということは、大きな決断であったが、今思えばよい決断であったと思う。あの時に退職できなければ、そのまま定年退職まで既得権にしがみつき、退職した後もその既得権をだらだらと引きずっていた気がする。自分らしく生きられなかっただろう。
 まずは小さな既得権を捨てて、自分を変えていく生活を始めよう。

 
icon305.gif    icon307.gif    icon308.gif
bar.gif